歯の神経を取った後のコア(土台)とは?メタルコア(金属)・レジンコア・ファイバーコアの種類と保険適用

根管治療における土台(コア)とは?「細菌の繁殖を防ぐ」「歯の強度を高める」が目的

根管治療では、根(神経)を取り除き、根管の隙間を埋めた後に、歯の土台(コア)を作成します。
土台を作ることを根充(こんじゅう)といい、「虫歯を取り除いた穴を細菌の繁殖を防ぐために密閉する」ことと、「歯の強度を高める」ことを目的としています。

歯の土台(コア)の画像歯の根(神経)を取り除いた後に土台(コア)を作る

土台(コア)の素材による違い、3種類のメリット・デメリット比較

土台の素材は金属で作られた『メタルコア』と、プラスチックの素材で作られた『レジンコア』『ファイバーコア』の3種類が一般的に使用されています。

メタルコア(金属):安くて丈夫だが金属アレルギーのリスクと見栄えが悪い

<メリット>
保険適応可なので安価
金属なので丈夫
品質が安定している
歴史が長く、実績がある

<デメリット>
歯よりも強度が強いため歯を割ってしまう可能性がある。
ファイバーコアと比べて歯を削る量が多い
金属アレルギーの危険性
金属が透けて見える、歯茎から見える

レジンコア(プラスチック):安くて見栄えは良いが強度が弱い

<メリット>
保険適応可なので、安価
素材に柔軟性があるため、歯が割れる原因になりにくい
光を通すため、透けない
金属アレルギーの危険性がない

<デメリット>
強度が弱いため、前歯などの力が掛からない部分にしか使えない
完成度が技術者によって大きく左右される

ファイバーコア(強化プラスチック):丈夫で見栄えも良いが自費診療のみ

<メリット>
素材に柔軟性があるため、歯が割れる原因になりにくい
光を通すため、透けない。
金属アレルギーの危険性がない
白いため、審美的に優れている

<デメリット>
歴史が浅いため、実績が少ない
自費診察となるため高額

まとめ

根管治療を専門的に行っている歯科医師が推奨しているのは「ファイバーコア」です。
自費診察となるため、メタルコアやレジンコアと比べると高額になりますが、審美的問題(美しさ)と、歯が割れやすくなるリスクの軽減を考えると、ファイバーコアがおすすめです。
担当医とよく相談し、適切な土台を選び、歯の寿命を伸ばしましょう。

根管治療NAVI おすすめ歯科医院

目白マリア歯科

エリア:

最寄り駅:目白駅徒歩5分

住所:東京都新宿区下落合3-16-13 グランドール目白1F

電話番号:03-6908-2923

CT、マイクロスコープ完備。週に3日(月・水・土)精密根管治療専門日を設けている。ほとんどの根管治療を1~2回で終了できる。さらに歯内療法外科、歯科口腔外科を専門としている歯科医師も在籍してるため「歯根端切除術」「意図的再植」にも対応可能。

内山歯科デンタルクリニック

内山歯科クリニック

エリア:

最寄り駅:青山一丁目駅より徒歩3分/外苑前駅より徒歩3分

住所:東京都港区南青山2-7-27フォレストサイドビル2F

電話番号:03-6804-1180

マイクロスコープとラバーダムを使用。短期間での治療にも対応しているので、忙しい方でも通院可能。根管治療の他には包括歯科治療、チーム歯科治療にも力を入れている。

石井歯科医院

石井歯科医院

エリア:

最寄り駅:新橋駅より徒歩3分 新橋駅より徒歩1分

住所:東京都港区新橋1-9-1 3F

電話番号:03-3573-1418

根管治療のみを行う歯科医院。院長である石井先生は歯科界隈の中でも非常に有名な根管治療を得意とする歯科医師のうちの一人。日本とアメリカの治療技術の向上のための活動として「ペンエンドスタディークラブインジャパン」「石井歯内療法研修会」を主宰。

Page Top ▲