» 根管病巣

歯の根の治療、根管治療を繰り返さないための4つのポイント

根管治療は長い場合、半年から数年かかることもあり、長期の治療期間を有します。
特に再発した場合は、長期間の治療となるケースが多くあります。
ここでは根管治療を再発しないためのポイントをご紹介します。

ポイント①根管治療を得意とする歯科医院で抜髄する(歯の神経を抜く)

抜髄を行う際に細菌や根管が残っていると再発のリスクが高まるため、まずは歯髄する場合は根管治療を得意とする歯科医院を探して治療することをおすすめします。

参考:歯の根の治療(根管治療)が得意な歯科医院、名医を探す方法・根管治療の専門医とは?

ポイント②歯の根の治療の途中で治療を放置しない

根管治療は時に半年から1年ほどかかる治療です。

  • いつ治療が終わるかわからない
  • 痛みがなくなった
  • いつも数分で診察が終わり。通院が面倒。
  • いつ仮詰めでなくなるのかわからない

などの理由から治療を放置してしまう患者さんがいます。
治療のゴールを共有していない歯科医院の説明不足もありますが、根管治療を途中で放置してしまうと、より長期間の治療が必要になってしまいます。
いつ治療が終わるのか不安であれば担当の歯医者さんに相談して、最後まで治療を受けましょう。

参考:根管治療の期間と流れ

ポイント③歯が痛む、熱い物・冷たい物がしみる場合は、すぐに歯医者さんへ

根管治療は歯を残すための大切な治療法ではありますが、歯の神経が残っているに越したことはありません。虫歯の早期発見のためにも、歯に異変を感じたらすぐに歯科医院へ行きましょう。
そのためにもかかりつけの歯医者さんをつくることをおすすめします。

▼こんな違和感を感じたら歯科医院へ

  • デンタルフロスが引っかかる
  • 食べ物が挟まる
  • 詰め物や被せものがめくれている、舌で触ると引っかかる
  • 冷たい物や熱い物がしみる
  • 噛んだときに痛い

ポイント④定期的に歯科医院に通い、メンテナンスを受ける

違和感を感じたら歯科医院へ行くことも大切ですが、定期的にメンテナンスを受けることがより大切です。
虫歯は初期段階であれば、すぐに治療できますし、抜髄が必要なほど末期な症状に至らずに済みます。抜髄してしまうと、どんなに精密な治療を受けたとしても、神経がある歯と比べたらリスクはあります。
ですので、そもそもとして抜髄に至らないように、定期的に歯科医院へメンテナンスに行き、歯医者さんにいろいろと相談しましょう。
その際に歯科衛生士によるブラッシング指導やクリーニングをうけることで、より虫歯のリスクが減ります。
また、定期メンテナンスをうけることは虫歯だけでなく歯周病の予防にもつながり、永く健康な口腔状態を保つことにもつながります。

まとめ:根管治療は、歯科医院選び・治療をサボらないこと・治療後のメンテナンスが大切

根管治療(歯の根の治療)は、歯科医院の設備や歯科医師の技術により成功率(失敗率)が左右される難しい治療です。
ですから、治療を受ける前にしっかりと情報収集して、大切な歯を残してくれると信頼できる歯科医院で根管治療を受けることをおすすめします。

また、治療後に再発しやすいので、定期的に歯科医院に通い、虫歯を予防すること、さらに虫歯を早期発見し根管治療をしないこと、が何よりも大切です。
1回の治療で終わり、ではなく、「この歯科医師ならば、自分の歯を安心して任せられる」と思えるような歯科医院を見つけて、定期的に通院しましょう。

» 根管病巣

根管治療:歯の根の治療、歯の神経を取る治療

歯の中の神経や血管が通る管を「根管(こんかん)」といいます。

根管治療(こんかんちりょう)は、根管内にある歯の神経や血管を除去し、根管内の清掃や洗浄、消毒などを行い、根管内の痛みや炎症などを抑える治療です。
根管治療を行うと、重度の虫歯でも歯を抜かずに済む場合があります。

歯医者さんからは「歯の根の治療」「神経を取りますね」「根っこ取りますね」などと伝えられることが多いようです。
専門用語では「歯内治療」と呼ばれることもあります。

厚生労働省の平成17年度患者調査によれば、全体の約25%の方が根管治療を経験している一般的な治療ですが、実際にどのような治療を行っているのか知っている人は少ないのではないでしょうか?

抜髄:歯の神経を取り除く治療

虫歯が悪化し、神経に到達してしまった際に歯の神経を取り除く根管治療です。

歯科医院で「神経をとります」「歯の根をとります」と言われた場合、抜髄が行われると思って良いでしょう。
歯の表面はエナメル質と象牙質でできており、象牙質の奥には歯の神経(歯髄)があるのですが、虫歯が悪化し、象牙質を溶かし神経まで到達してしまうと、抜髄が必要となります。
また、虫歯の他に事故などにより歯が折れて神経が切断されてしまうと、抜髄が必要になるケースがあります。

感染根管治療:歯の中で細菌が繁殖した場合の治療

感染根管治療が必要なケースは大きく以下の2種類があります。

  1. ①歯の中で細菌が繁殖し、根管が腐敗した場合
  2. ②一度抜髄した歯の処置が不完全で根管内に細菌が繁殖している場合

治療内容は抜髄と同じですが、根管内で細菌が繁殖しているため、消毒に時間がかかり、抜髄の段階よりも通院回数は増える場合がほとんどです。
また、長期に渡り症状を放置していた場合、歯の根の先に膿がたまり、根尖病巣(こんせんびょうそう)という膿の袋ができてしまうので注意が必要です。

放置すると危険!歯根の膿袋「根尖病巣」と、歯茎の腫れの原因となる「フィステル」とは?

神経の除去や消毒が不完全だった場合、根管で細菌が繁殖し、歯の根元に膿の袋ができます。

これを根尖病巣(こんせんびょうそう)といいます。膿の袋が大きくなると歯茎を貫通し、フィステルというおできのようなものから膿が出てきます。

フィステルができている状態は膿の袋が大きくなっている状態ですので、なるべく早めに歯科医院に相談することをおすすめします。

フィステル:歯の根元で溜まった膿の袋が歯肉とつながり、外に漏れ出す。患部はおできのような状態になります。

根管治療で改善しない場合は「歯根端切除術」で膿袋を除去

膿の袋が大きくなると、根管治療では回復しない場合があり、その際は、歯根端切除術という手術が必要になります。
歯の根の先にある膿の袋を取り出し、感染した根の先を切断する手術です。
歯根端切除術を行っても回復しない場合は残念ながら抜歯、つまり歯を抜くこととなります。

Page Top ▲