» 根管治療とは

長くかかる歯の根の治療、根管治療。
いったいいつまで続くのか?
毎回仮歯を外して何をしているのか?
などと疑問に思ったことはありませんか?

この記事では根管治療の期間と流れについて解説します。

根管治療の期間は状態により異なる。初めての治療であれば3回、再発であれば5回程度

根管治療の期間は早ければ1~2週間、長い場合は半年以上かかることもあります。

リーマーという細い針のような機具を使って根管内の神経や血管をかき出すのですが、神経が通っている根管は非常に複雑で細く、肉眼で中を確認することは困難です。
そのため、リーマーを使って神経や細菌を全てかき出すために、何度か通院が必要になります。

初めて抜髄する歯は比較的すぐに治療が終わりますが(平均で3回程度)、過去に抜髄した歯の治療途中に放置した場合などは神経が腐っているので、消毒に時間がかかります(平均で5回程度)。
さらに歯の根元に膿が溜まってしまった場合(根尖病巣)などは、膿を出し切るために、治療が半年以上かかるケースもあります。

根管治療の途中で治療を放置してしまうと、次に通院する際には更に治療期間が長くなるため、必ず最後まで通院することが大切です。
治療期間が長引いたり、治療のゴールが見えなくなって不安になり、治療を中断してしまいたい気持ちになるかもしれませんが、最後まで通いましょう。
不安や心配があれば、主治医に相談し、自分の状態を把握することも大切です。

根管治療の流れ・進め方

根管治療の大まかな流れです。
②の抜髄は神経がある場合に行うので、再治療の場合は行いません。

虫歯除去:歯の神経(歯髄)に達した虫歯を取り除く

0167070001虫歯を取り除きます。

抜髄と機械的な洗浄:リーマーで根管内の感染組織を除去

0167070002
根管内をリーマーという画鋲のような器具でかき出すように腐敗した神経や血管を細菌とともに取り除きます。再治療の場合、抜髄は行いませんがリーマーで洗浄を行います。
この時、膿が出ていると、一時的に痛みが強くなる場合がありますが、強く痛むようであれば歯科医院で処方してもらった抗生物質・痛み止めを飲むようにしましょう。

薬による洗浄:細菌が残らないように薬液で消毒

0167070003
根管内の神経を取り除いた後に、細菌が残らないように根管内を薬液で洗浄し消毒します。細菌が残っていると再発してしまいます。この時に痛みがある場合は抗生物質や痛み止めなどが処方されます。
また、いつまでも痛みが取れない場合は、歯の神経が取りきれず、残ってしまっている可能性がありますので、我慢せずに歯科医師に相談するようにしましょう。

歯の計測:歯の根の深さを調べる

歯の根の長さを計測します。
「根管長測定器」という器材を使用する場合もありますが、歯科医師が器材を使わずに指の感覚で測定する場合もあります。

根管充填(こんかんじゅうてん):ゴムで歯の根の隙間を埋める

0167070004
根管内を消毒した後に、ガッタパーチャという薬を詰めます。ガッタパーチャはゴム状であるため、根管内の隙間を埋めて細菌の繁殖を防ぐ効果があります。この作業を「根管充填(こんかんじゅうてん)」といいます。

土台(コア)の作成:歯の根を密閉、歯を強化する

0167070007
歯に土台を作ります。土台の素材は金属でできた『メタルコア』とプラスティックのような素材でできた『レジンコア』『ファイバーコア』の3種類が一般的に使用されています。

被せ物の作成:土台の上にクラウンを被せる

0167070008
土台が完成したら、歯に被せ物(クラウン)をして完了です。

» 根管治療とは

根管治療:歯の根の治療、歯の神経を取る治療

歯の中の神経や血管が通る管を「根管(こんかん)」といいます。

根管治療(こんかんちりょう)は、根管内にある歯の神経や血管を除去し、根管内の清掃や洗浄、消毒などを行い、根管内の痛みや炎症などを抑える治療です。
根管治療を行うと、重度の虫歯でも歯を抜かずに済む場合があります。

歯医者さんからは「歯の根の治療」「神経を取りますね」「根っこ取りますね」などと伝えられることが多いようです。
専門用語では「歯内治療」と呼ばれることもあります。

厚生労働省の平成17年度患者調査によれば、全体の約25%の方が根管治療を経験している一般的な治療ですが、実際にどのような治療を行っているのか知っている人は少ないのではないでしょうか?

抜髄:歯の神経を取り除く治療

虫歯が悪化し、神経に到達してしまった際に歯の神経を取り除く根管治療です。

歯科医院で「神経をとります」「歯の根をとります」と言われた場合、抜髄が行われると思って良いでしょう。
歯の表面はエナメル質と象牙質でできており、象牙質の奥には歯の神経(歯髄)があるのですが、虫歯が悪化し、象牙質を溶かし神経まで到達してしまうと、抜髄が必要となります。
また、虫歯の他に事故などにより歯が折れて神経が切断されてしまうと、抜髄が必要になるケースがあります。

感染根管治療:歯の中で細菌が繁殖した場合の治療

感染根管治療が必要なケースは大きく以下の2種類があります。

  1. ①歯の中で細菌が繁殖し、根管が腐敗した場合
  2. ②一度抜髄した歯の処置が不完全で根管内に細菌が繁殖している場合

治療内容は抜髄と同じですが、根管内で細菌が繁殖しているため、消毒に時間がかかり、抜髄の段階よりも通院回数は増える場合がほとんどです。
また、長期に渡り症状を放置していた場合、歯の根の先に膿がたまり、根尖病巣(こんせんびょうそう)という膿の袋ができてしまうので注意が必要です。

放置すると危険!歯根の膿袋「根尖病巣」と、歯茎の腫れの原因となる「フィステル」とは?

神経の除去や消毒が不完全だった場合、根管で細菌が繁殖し、歯の根元に膿の袋ができます。

これを根尖病巣(こんせんびょうそう)といいます。膿の袋が大きくなると歯茎を貫通し、フィステルというおできのようなものから膿が出てきます。

フィステルができている状態は膿の袋が大きくなっている状態ですので、なるべく早めに歯科医院に相談することをおすすめします。

フィステル:歯の根元で溜まった膿の袋が歯肉とつながり、外に漏れ出す。患部はおできのような状態になります。

根管治療で改善しない場合は「歯根端切除術」で膿袋を除去

膿の袋が大きくなると、根管治療では回復しない場合があり、その際は、歯根端切除術という手術が必要になります。
歯の根の先にある膿の袋を取り出し、感染した根の先を切断する手術です。
歯根端切除術を行っても回復しない場合は残念ながら抜歯、つまり歯を抜くこととなります。

Page Top ▲